給料が安いから辞めたい転職成功者の例

働き方・労働環境

『給料が安いから、もっと良い待遇を求めて辞めたい』

『自分のスキルや経験が適切に評価されず、報酬が低い為辞めたい』

『生活を支えるだけの給料が得られず、生活費の負担から辞めたい』

これらは給料が安い会社で働く人々の切実な声であり、そんな会社から逃れたいと思っている人は少なくないでしょう。しかし面接官はあなたの言葉を盲信せず、あなたが新たな採用候補としての価値を持っているかを試します。

そして転職活動を考えている人が直面する課題の一つが、

『あなたが辞めたいのはわかりましたが、それだけで弊社に何か貢献したいと思っているわけではないのですね?』

というものです。つまり、辞めたい理由は明確であっても、新たな職場で働く為の強い動機が不明確だと、どう行動すべきかがわかりません。

そこでこの記事では給料が安い会社から脱出したいと思っているあなたが、どのように志望動機を練り、自己PRを強化すればよいかというテクニックについて詳しく解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

給料が安い会社を辞めたい場合、転職希望者がやるべき事

給料が安い会社を辞めたい場合、初めに一つの転職成功事例を紹介したいと思います。

彼はマーケティング担当者として働く男性、40歳で、広告キャンペーンの立案に携わっており、彼の現場の責任者は『何とかなるさ』という報酬改善への配慮が欠けており、それが現場の基準となり、低給与の職場になっています。

具体的な事例として、マーケティングチームは広告の結果が少しでも上昇すれば、それだけで報酬が適正という姿勢を取っており、結果として報酬改善の要求があっても、それを無視し、本質的な改善を避けています。

本来なら、報酬の低さを理由に給与改善を目指すべきですが、残念ながら期待通りの給与改善に至らない状況になっています。事実、会社は給与制度の見直しの為に労働コンサルタントを呼んだものの、状況は一向に改善されませんでした。

このコンサルタントは労働法に詳しいものの「そんな事も調べてないの?ちゃんとネットで調べた?」という態度で、問題の解決に向けて具体的な指導をする事はありませんでした。

更に悪い事に、このコンサルタントは給与不満を上層部に報告し、問題解決の功績を自分のものとしていますが、具体的な改善策については「それではどう改善するのか、具体的に報告してください」と現場のスタッフに丸投げして終わりです。

このような状況下では現場のスタッフもやがて退職を考えるようになりました。彼らはコンサルタントに報酬改善の要求を出し、しかし何も改善しないので、他の会社への転職を考えるようになりました。

そして上司達は自分達の責任逃れの為に新入社員を使い、彼らが問題を引き起こしたかのように装います。彼ら曰く「どうやら新人がやってしまったようですね。これでは責任追及のしようがないので、次の給与改善の要求時にどのように改善すべきか考えましょう」と言って責任逃れの毎日なので、他の社員がそのツケを支払う事になります。

もうこの現場では給与改善の為に、他社に情報を流したり、協力し合うのではなく、無理難題の押し付け合いになっているので、低給与は常に改善されないどころか、更に悪化していきます。

給料が安い会社を辞めたい場合、改善の見込みの無さを面接で訴える

この話で何が言いたいかと言いますと、もしこの手の給料が安い会社を辞めたい場合、面接では改善の見辑みが如何にないかを説明する事で職場環境の改善ではなく、給与が適正な企業に転職した方が良い、と説得に繋げられます。

彼の場合、

「『何とかなるさ』という無関心な態度が低給与を生み出し、労働コンサルタントの導入にも関わらず改善が見られませんでした。具体的な改善策がなく、責任逃れが常態化し、組織文化としての問題解決能力が欠けていると判断。適正報酬と労働環境を重視する新たな環境への転職を決意しました。」

と、今の職場の問題点を指摘し、だからこそ次の職場では適正な報酬と良好な労働環境を求めて働きたいと言えます。

給料が安い会社を辞めたい場合、改善の見込みがなく、だからこそ適切な報酬を提供する職場で働きたいと言えれば良いでしょう。

 

給料が安い会社を辞めたい場合、転職先はどのように選べば良いのか?

しかしそれによって選考者を納得させる事が出来ても

「ではなぜ弊社を選んだのですか?」

辞めたい理由について語る際、なぜこの転職先でその辞めたい理由が該当しないのか、を明確にしなければならないでしょう。

通常、給与水準については転職後に具体的な数値が明らかになるもので、転職前に「貴社は給料が高いと思いました」とはなかなか言えません。

しかし給料が高い会社であると断言出来る方法として、転職口コミサイトの利用があるでしょう。

高給与の仕組みを持つ企業を見つける方法

口コミサイトではその会社で実際に働いた経験のある人々が企業の現状や労働環境について詳細に語っています。

実際、給与水準の高さや待遇の良さについてポジティブなコメントを持つ社員達から、以下に3つの例を紹介します。

「我が社では業績に応じたインセンティブ制度があり、個々の頑張りが直接給与に反映されます。自分の努力が給料に結びつくこの制度により、毎日が挑戦の連続であり、やりがいを感じています」

「我が社ではスキルや経験によって給与が決まる為、自己開発に熱心になる一方で、自分の価値を高める事で待遇を上げる事も可能です。この給与体系のおかげで、自己成長と給与アップを両立出来ています」

「我が社では福利厚生制度が充実しており、高額な給与だけでなく、各種手当てやボーナスもしっかり支給されます。これにより給料が安いとの不満を感じる事なく、安心して働く事が出来ています」

これらのコメントから、会社がどのような給与体系を持っていて、それがどのように働く魅力に結びついているのかを垣間見る事が出来ます。

ですから、転職先を選ぶ際には、上記のようなコメントを見つけて、「貴社の口コミを見て、現在の給料が安い状況とは異なり、給与水準が高いと感じました」と述べる事で志望動機として魅力的になるでしょう。

給料が安い会社を見つける方法

一方、口コミ転職サイトは給料が安い会社を見つけるのにも有用です。例えば給料が安いと感じる働き方についてのコメントとして以下のようなものがあります。

「入社初期には給与が安い事を納得していましたが、経験やスキルが増えても給与がそれに見合わないままで、不満を感じています。自身の成長が評価されず、努力が報われない環境に疑問を感じています」

「給与が低いだけでなく、残業代もきちんと出ない状況が続いています。自分の労働に対する評価が低いと感じており、もっと自分の価値を高く評価してくれる会社に転職したいと思っています」

「給与が安いだけでなく、昇給や昇進のチャンスが少ない為、長期的なキャリアアップが困難です。このような環境では自分の能力を十分に発揮出来ず、自己成長の機会も少なく感じています」

以上のように、給料が安い会社と思われる口コミもある為、転職活動中に気づかなかった転職先の問題点を把握する上で口コミサイトは一つの判断基準となります。

したがって、志望動機を作成する、または給料が安い会社である事を避ける為にも、転職口コミサイトを活用してみると良いでしょう。

 

給料が安い企業から高給与の企業へ転職するのに必要なアピールとは?

ただし、転職が難しいのは、自身が低給与の企業で働いていたという事実がある為、

「この候補者は十分な報酬を得ていない場合、我が社でも満足出来ないのでは?」

私が低い給与に満足していて、それが明らかになり転職活動をしていると疑われるケースがあります。

面接でどれだけ低い給与について語っても、それを改善する事が出来なかった事実がある為「この人は本当に我が社にとって価値ある働きをしてくれるのだろうか?」と面接で確認されてしまう事が多いです。

その為、退職したい企業、または高給与の企業に転職する為にも、自身がその企業で十分な成果を上げられる事を面接でアピールする必要があります。

具体的にどうアピールすれば良いのか?ここからは高給与を得る為のアピールの方法について、どのようにアピールすればよいのか例を紹介します。

IT業界で高給与を得る為のアピール例

かつて、技術力の低い同僚により、プロジェクトの進行が遅れ、企業の利益に影響が出ました。これを受けて、私は定期的なスキルアップ研修を提案し、自身も積極的に参加してスキルを磨いてきました。これにより効率的な開発が可能になり、企業の利益向上に貢献しています。

金融業界で高給与を得る為のアピール例

以前、マーケットの動向を理解していない同僚の為に、投資失敗が続き、業績に影響が出ました。この経験から、私はマーケット分析のスキルアップ研修を提案し、自身も積極的に参加しました。これによりより良い投資判断が可能になり、企業の利益向上に貢献しています。

製造業界で高給与を得る為のアピール例

以前、製品の品質が低く、顧客満足度が低下し、企業の利益に影響が出ました。この経験から、私は品質管理のスキルアップ研修を提案し、自身も積極的に参加しました。これにより製品の品質が向上し、顧客満足度も上がり、企業の利益向上に貢献しています。

医療業界で高給与を得る為のアピール例

過去、医療技術の進歩に遅れを取り、患者さんの満足度が下がり、医療機関の評価に影響が出ました。この経験から、私は医療技術のスキルアップ研修を提案し、自身も積極的に参加しました。これにより最新の医療技術を提供出来、患者さんの満足度向上に貢献しています。

上記のように個人レベルでのスキルアップだけでなく、それを会社全体に広める事で成果を上げる事が出来る人として評価されます。

このアピールのポイントは、自分でスキルを上げるだけでなく、それが他の人にも影響を及ぼし、どのように呼びかけ、そしてどのように継続的に成果を上げていくかを面接でアピールする事で低給与の職場でも十分な成果を上げる人と評価されるでしょう。

給料が安い会社を辞めたい転職成功者の例【まとめ】

かくして、安月給が常習化した会社を退職したいシチュエーションでは転職活動において

「その会社を退職したい理由は何か」

「何故我が社で勤務したいと思うのか」

「あなた自身、この問題をどう対処するべきか?」

など、職場環境に問題がある際、上記の3つのポイントが大いに役立つでしょう。

したがって、給料が安い会社を辞めたい場合、

・他の会社へ転職すべきだという点を面接で伝達する

・その低賃金問題を解消する企業の特性を志望理由に繋げる

・その問題の起源を改善出来る能力がある事を強調する

この3つを把握し、アピールポイントを策定すれば、良好な給与を提供する企業に転職する可能性が増します。

ここでは特に口コミサイトを活用し、企業の給与体系や職場環境をあらかじめ調査する事で目指す転職活動が可能と説明しました。その為「企業の評判を見て、安定した収入が得られると確信した為、応募しました」といったポジティブな志望動機を面接官に伝えられるよう、口コミサイトの利用を推奨します。

最後に、転職活動は難しいとは思いますが、適正な給与を提供する職場に移る事で皆さんがヘルシーに働けるよう、新たな職場での成功を心より祈念しています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました