インフラエンジニアを辞めたい転職成功者の例

職種

『インフラエンジニアを辞めたい。異業種に転職したい!』

『20代インフラエンジニアだけど向いていない。辞めたい』

『女性インフラエンジニアだけど辛い。辞めたいけど出来ない』

この記事を読んでいる方は、インフラエンジニアの働き方や将来性に疑問を感じ、または全く別の業種で働きたいと考えているかもしれません。

インフラエンジニアを辞めたいと思う事象として、例えばシステムのトラブル対応や保守作業に疲れを感じたり、技術の更新が追いつかないといったハードルに直面しているかもしれません。

しかし真剣にインフラエンジニアを辞めたいと考えているなら、次の転職先を見つけ、再び「辞めたい」と感じないキャリアを築く事が重要です。

具体的にどうすれば良いのか?ここではインフラエンジニアを辞めたいと考えているあなたに向け、転職先の探し方、退職理由や志望動機の作り方など、「辞めたい」気持ちにどう向き合い、どう解決すれば良いのか?その具体的な方法を専門的かつ詳細に紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接で言うべき「インフラエンジニアを辞めたい理由」の例

インフラエンジニアの転職を考える際、なぜ辞めたいのか、その理由を明確にする事が重要となります。

面接においては退職理由が必ず問われます。そしてそれが人間関係や職場環境の問題であったとしても、

「それなら、なぜ私達の企業を選んだのですか?」

と続けて問われる事も多く、退職理由と志望動機が連続性を持っていなければ、面接官を納得させる事は難しくなるでしょう。

その為、インフラエンジニアを辞めたいと考えるなら、なぜあなたが新たな職場を選ぶのか、退職理由と志望動機を見つける事が必要となります。

それでは具体的にどのような表現が可能なのか?以下に3つのパターンを紹介します。

クラウド技術のスキルを深めたい

志望動機: 「私はインフラ技術を更に深く理解し、クラウド技術やデータセンターの運用などのスキルを磨きたいと考えています。貴社がこの分野で先進的な取り組みを行っている事に大きな魅力を感じています」

退職理由: 「現在の職場ではインフラ技術に限定された業務しか経験出来ず、技術的な成長や新たな挑戦が難しい状況です。より幅広い技術スキルを習得し、専門性を高める為に転職を考えています」

大規模なシステムの運用管理に携わりたい

志望動機: 「システム運用のスキルを磨き、大規模なシステムの運用管理に携わる事に興味があります。貴社の多様なプロジェクトとその運営方法は、私が成長する為の理想的な環境を提供してくれると信じています」

退職理由: 「現職では技術的な役割に留まり、システム全体の管理やリーダーシップを発揮する機会が限られています。システム管理能力を伸ばし、より大きな影響を与えたいと考えています」

セキュリティ分野で専門的なキャリアを築きたい

志望動機: 「特定の分野(例:セキュリティ)に特化したインフラソリューションの開発に関わり、その分野に革新をもたらしたいと考えています。貴社がセキュリティ分野で先進的なソリューションを提供している点が、私の志望の最大の理由です」

退職理由: 「現在の職場では様々な分野にまたがる一般的なインフラソリューションを扱っていますが、特定の分野への深い理解や専門性を追求する機会がありません。特定分野のソリューション開発に専念する為、転職を決意しました」

これらの例は同じ志望動機ですが、大きく分けると技術的な成長、システム管理能力の向上、特定分野への貢献に分かれます。

インフラエンジニアを辞めたいという人の中には給料の低さ、長時間労働、人間関係を理由に挙げる人もいますが、そうではなく、次の職場で何を達成したいのか、どんなキャリアを築きたいのか?という将来志向の退職理由を用意して面接に挑む事がおすすめです。

 

インフラエンジニアを辞めたい場合の次の職場の見つけ方

あなたが現在のインフラエンジニアの職場に満足出来ず、転職を考えている。しかし新たな職場をどのように見つけるかが問題となる。その際に有用なツールとして、口コミ転職サイトが挙げられます。

「なぜ我が社があなたが”辞めたい”と感じる要素を含まないと思ったのか?」

面接では必ずと言っていいほど、このような質問が出ます。未経験の企業に対して、辞めたい理由が当てはまらないと断言するのは困難ですが、口コミサイトを活用する事で説得力のある答えを見つける事が可能です。

口コミ転職サイトは、その企業で実際に働いた経験のある退職者が、企業の良い面や改善すべき点を投稿する場所です。ここでは喜びや満足感を見つける事が出来る職場を探す為に、他社で働いているインフラエンジニアの口コミを3つ紹介します。

最新技術との接触機会

「私達の企業ではクラウド技術やAIなどの最新技術を駆使したプロジェクトが数多く手がけられています。新たな知識を深める為の研修も充実しており、技術的なスキルの向上を日々実感しています。」

業務の多様性と自己成長

「ここではインフラエンジニアとしてのキャリアを深める為の環境が整っています。多様なプロジェクトに関与出来、責任を持って業務を遂行する事で技術力だけでなく、リーダーシップも鍛えられます。」

チームワークとコミュニケーション

「我々のチームではお互いに協力し合い、情報を共有するカルチャーがあります。これにより業務の効率が向上し、より高い成果を出す事が可能です。こうした環境は、仕事の成果だけでなく、職場の雰囲気や個々のモチベーションにも寄与しています。」

以上のようなポジティブな口コミを見る事でどの企業があなたにとって最適な職場なのかが明確になります。

しかしながら口コミサイトはポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見も含まれています。その一部を以下に紹介します。

「私はインフラエンジニアとしてのキャリアを深める為にこの会社に入社しましたが、技術の進歩に対する意識が低く、新しい技術に取り組む機会が少なかったです。」

「プロジェクト管理が不明確で、多くのタスクが同時に押し付けられます。その結果、どの業務を優先すべきか決められず、ストレスが溜まるばかりです。」

「技術者としてスキルアップを図る為の環境が整っていません。自己研鑽の時間も取れず、専門性を維持するのが難しい状況です。」

これらの口コミを参考にする事で転職活動を通じて「また辞めたい」と思わない職場を見つける事が可能となります。

最後に、【転職会議】という口コミサイトがあります。退職した社員の口コミが掲載されているので、あなたの転職活動に役立つ事でしょう。

インフラエンジニアを辞めて異業種に転職したい場合

インフラエンジニアから完全に違う業界に飛び込む考えがあるなら、それは大きな挑戦であり、新たなキャリアの可能性を広げる一歩とも言えます。

しかしインフラエンジニアの経験を活かして異業種に飛び込むのは可能なのでしょうか?その答えは「インフラエンジニアと関連性のある業界に転職する」事で見つけられます。具体的には以下のような業界が考えられます。

  • データセンター業界
  • クラウドサービス業界
  • セキュリティ業界

インフラエンジニアから異業種への転職を考える際、面接での志望動機の表現は重要な要素となります。ここではデータセンター業界、クラウドサービス業界、セキュリティ業界への転職を検討する際の、説得力のある志望動機の例を紹介します。

データセンター業界

「インフラエンジニアとしての経験を通じ、データの価値とその保存・管理の重要性について深く理解してきました。データセンター業界に興味を持つようになったのは、そこでデータの安全性とアクセシビリティを保つ役割を果たせるからです。私の技術と経験を活かして、データセンターの運用・管理を行う事で企業がスムーズにビジネスを展開出来る環境を作りたいと考えています。」

クラウドサービス業界

「クラウドサービス業界には、インフラエンジニアとしての知識と経験を活かす大きな可能性を感じています。特に企業のデジタルトランスフォーメーションが進む中で、クラウドサービスはその中核を担う存在となっています。私の技術力を活かして、企業のクラウド移行をサポートし、ビジネスの効率化や拡大に貢献したいと考えています。」

セキュリティ業界

「インフラエンジニアとしての経験を活かし、ITセキュリティ業界で新たなキャリアを築きたいと考えています。特にサイバーセキュリティは現代社会の重要な課題であり、その解決に向けた取り組みに、大きなやりがいと責任感を感じています。私のスキルと経験を活かして、企業の情報資産を守る事で社会に貢献したいという強い志向があります。」

インフラエンジニアを辞めて異業種に転職したい場合【まとめ】

インフラエンジニアから異業種にシフトする事は、新たな可能性を広げるチャレンジとなります。ただし、その過程で求められるのは、単に現職への不満越え、新分野への真剣な興味と情熱です。

データセンター、クラウドサービス、セキュリティといった業界ではインフラエンジニアの能力が大きな強みとなり得ますが、それぞれの業界特有のニーズや課題に対する理解も重要です。

転職成功の秘訣は、あなたのスキルと経験がどのように新分野の要求にマッチするかを上手にアピール出来るかにかかっています。

その為、市場の動向や各業界の求人動向を把握する為に、専門的な転職エージェントの助けを借りる事をお勧めします。

異業種への転職を成功させる為には、適切なサポートを活用し、自分のキャリアビジョンを明確にする事が重要です。

 

インフラエンジニアを辞めたいが、辞められない場合の対策法

インフラエンジニアとしてのキャリアを終えたいと考えているものの、様々な障壁が退職を阻んでいるという方向けの情報を提供します。

退職の際には、引き止められる可能性があります。上司に退職の意向を伝えたところ、

「あなたが抜けるとシステム運用に支障が出る。再考してみては?」

などと、システム運用への影響を理由に退職を制止する試みがあったり、

「転職先にはあなたの問題点を伝えておくよ」

と、転職先への情報流出を脅しにする事例や「退職するなら代替の人材を見つけてこい」「後任が決まるまで待て」など、多角的な退職阻止策に直面する事も考えられます。

これらの言葉に躊躇してしまう事もあるかもしれませんが、日本法では退職の意志が示された場合、これを妨げる行為は許されていません。仮に訴訟になったとしても、法律はあなたを支援します。

従って、会社からどのような退職阻止がされても、どのように対応すべきか?という点について、役立つ法律知識を紹介します。

辞めたいのに阻止された場合に把握しておくべき法律知識

日本の労働法では労働者が雇用契約を自由に解除出来る事が保証されています。しかし退職を妨害する様々な状況に適切に対応する為には、法的知識の理解が必要です。

  1. システムへの影響を理由にした引き止め: あなたの退職によりシステム運用に影響が出る可能性があっても、それを理由に退職を拒否する事は法的に認められていません。民法627条に基づき労働者は2週間前に退職の意思を通知すれば、基本的に契約を解除出来ます。もしクライアントに損害が生じたとしても、その責任は企業が負い、退職者が訴えられる事はほぼありません。

  2. 前職者による脅迫: 前職の上司や同僚が「転職先に悪い情報を流す」と脅し、退職を阻止する行為は、名誉毀損やプライバシー侵害に該当し、刑法や民法で禁じられています。また元社員の情報は個人情報に該当する為、私的な理由で情報を外部に流す事は、個人情報保護法に違反します。したがって、証拠があれば、前職者の違法行為となります。

  3. 退職届の受け付け拒否: 退職届けは法的に効力があり、提出した時点でその効果が生じます。たとえ受け付けを拒否されても、退職の意志表示は有効です。もし拒否された場合でも、内容証明郵便等を使って公式に退職の記録を残す事が可能です。

  4. 引継ぎ業務の妨害: 引継ぎは業務のスムーズな継続の為に重要ですが、これを理由に退職を不当に延期させる事は認められません。したがって、2週間の期限を守っていれば、退職する事は可能であり、その結果として生じた損害は、後任者あるいは企業の責任となります。

また辞めたくても辞められない場合は、退職代行を利用するという選択肢もあります。

ただし、退職代行を利用する場合は、法律を適切に行使する権限を持つ弁護士や労働組合が存在している事を確認しなければなりません。そうでなければ、詐欺に巻き込まれる可能性があります。

また「2週間前に通知しなければならない」という制約により「パワハラやいじめに遭う」と懸念する人もいますが、有給休暇がなくても欠勤を選択する事も可能です。

つまり退職代行の担当者に退職の意思を伝え、2週間欠勤扱いにする事で一度も会社に出ずに退職する事が可能です。その為、具体的な手順は退職代行の担当者と相談しながら決定すると良いでしょう。

 

 

インフラエンジニアを辞めたい場合の解決策【まとめ】

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ここで、これまでの内容を整理し、理解を深める為に、以下の3つのポイントにまとめてみました。

  1. 辞めたいと思う原因の特定: 転職で成功する為の最初のステップは、辞めたいと思う原因を特定する事です。自分の不満やキャリアに対する期待を明らかにする事で面接時に退職理由と志望動機を説得力を持って説明する事が可能になります。またこの過程を通じて、自分が本当に求めているキャリアの方向性が見えてきます。

  2. 異業種への転職計画: 異業種への転職を目指す場合、自身の経験やスキルをどのようにアピールするかが鍵となります。インフラエンジニアとしての技術的なバックグラウンドを活かしながら、新しい業界での役割を考え、具体的なアピールポイントを作成する事が求められます。候補業界を絞り込み、それぞれの業界で求められるニーズを把握する事も重要です。

  3. 辞められない場合の対応策: “辞めたいけど辞められない”という状況に直面した際の解決策もあります。退職の意思は法的に認められており、企業の都合で退職を阻止される事はありません。したがって、退職を妨げる行為に対しては、内容証明を送り記録を作成したり、法的な力を持つ退職代行サービスを利用して2週間で会社を辞めるなどの手段を採る事が出来ます。

インフラエンジニアとしてのキャリアを終えたいと考えているなら、まずは辞めたい理由をしっかりと考え、転職成功の為にはどのような情報が必要かを探す事が必要です。

転職は情報収集が鍵であり、辞める前にどれだけ必要な情報を収集出来るかが転職成功の可能性を高めます。

これから実際に退職する為の準備を進めていく事になると思いますが、成功確率を高める為には、自分が何を求めているのかを明確にする事が重要です。

まだインフラエンジニアを辞めたいと考えている段階であれば、転職先の選択や自分のアピールポイントの準備を始めてみましょう。

これまでのインフラエンジニアとしてのキャリアで物足りなかった事は何だったのか、自分の目指すゴールは何かを見つける為にも、先程の転職口コミサイトを利用して、良い企業と悪い企業の特性を参考に自己分析をし、自分が求める働き方を面接でアピール出来るように準備してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました